AGAになる原因

AGAで悩んでいる方は今とても増えています。
これは、遺伝だけではなく、どちらかというと生活習慣からくるものでもあります。
まずは、ストレスをためやすいということ、そして睡眠不足であったり、また食事も不規則であったりすると、AGAになりやすいといわれています。
さらに、勘違いされやすいのですが、AGAというのは毛根はまだきちんと残っている状態になっています。
毛根がなくなってしまっている状態ですと、ここからの治療は困難となります。
禿げてはいるけれど、毛根がまだ残っている状態でしたら、そこからプロペシアなどの薬を内服することで大分改善されていきます。
ちなみに、AGAと診断されて、この薬を内服した場合というのは、ほとんどの確率で治るとされています。
しかし、女性であるとか、毛根が死んでしまっている場合には、この薬は効きませんので注意してください。
どちらにしても、医師の診断というものがとても重要となってきますので、まずは専門クリニックへ相談です。

ページTOPへ戻る