AGAの見分け方と検査の方法

薄毛が気になる人はまず、自分がAGAかどうかを知る必要があります。
AGAであれば早期に治療することで改善する可能性が非常に高いということが特徴です。
薄毛はストレスや食生活の乱れなどでも起こる可能性がありますので、AGAかどうか見分けることが大切です。
AGAは見分け方を知っていれば、自分でも確認することができます。
見分け方は、AGAの大きな特徴である進行パターンをみることです。
生え際やこめかみから徐々に後退していったり、頭頂部から徐々に丸型に薄くなっていくような場合は可能性が高いです。
また、遺伝子検査をすることで確実に知ることもできます。
病院などで行う遺伝子検査は、機関によって方法は様々ですが、おもに髪の毛を採取して検査します。
結果が出るまでおよそ1カ月かかり、再来院して結果を聞きます。
最近は家庭で簡単に調べられるキットの販売もされるようになったので、手軽に調べることができるようになりました。

ページTOPへ戻る