AGAは早期治療が大切

AGAとは、男性型の脱毛症です。日本人の成人男性のおよそ3割はこの男性型脱毛症で悩んでいるといわれています。 原因はさまざまあり、不規則な生活習慣、食生活、遺伝、ストレスなどです。 AGAは進行性のものであるため、早期治療をして抜け毛の予防をし、対策をすることで進行を抑制することができます。

一般的な人の毛周期は2年から6年ですが、AGAの場合には半年から一年程度となり、ひとつひとつの毛の寿命が短いのが特徴です。 また、毛の根本である毛母細胞が分裂できなくなるために、薄毛になってしまうのです。 早期治療が必要な理由は、いま残っている毛の分裂回数を正常に戻してあげることが、唯一の方法だからです。

治療の方法の基礎知識としては、一般的な病院で治療をうけるか、AGA専門の病院で治療を受ける方法です。 また、治療薬が出ているので、個人的に購入して飲むことでも改善をすることができます。専用のシャンプーなども販売されています。

ページTOPへ戻る