円形脱毛症

円形脱毛症

脱毛症の中でも特にわかりやすい特徴のあるものとして円形脱毛症があげられます。
これは一部がコインのようにすっぽりと抜けてしまう症状で、その原因もはっきりしないものがあります。

そして、円形脱毛症の場合はいつの間にかその部分の毛がなくなっていたというものですが、こうした症状と間違いやすい脱毛症もあります。 脱毛症の多くは何らかの原因で髪が抜け落ちてしまうものですが、毛根や皮膚が健康であるにもかかわらず、本人が髪を抜いてしまう症状もあります。
これは未成年に多いタイプの脱毛症で抜毛症と呼ばれるものです。 精神的にストレスを感じていたり、不安を感じている場合に起こりやすい症状で、髪を抜くことで、一時的に気持ちが楽になり、髪を抜くことがやめられなくなってしまう脱毛症です。

同じところばかり抜いていると、一部がすっかり薄くなってしまうこともあり、円形脱毛症と見間違いやすくなります。 比較的症状が軽い場合もあれば、ほとんどの髪を抜いてしまうなど悪化してしまうこともあり、早めの対策が必要となります。

ページTOPへ戻る