市販品を使った家でできるケア

男性

男性型脱毛症などの薄毛は、遺伝因子や環境因子などのさまざまな要因が複合的に絡み合うことによって発症します。薄毛になる直接的な原因は、頭皮の血行不良によるものです。頭皮の血行を良くして、毛根に栄養素を十分に行き渡るようにすると、薄毛の症状は改善されます。根本的な治療は、AGA治療を行っている病院を受診することが必要になりますが、市販されている育毛剤を使用すると、人によっては薄毛が改善できる場合があります。

育毛剤を使ったケア方法は、家で手軽にできますので、誰でも簡単に行うことができます。市販されている育毛剤のほとんどは医薬品ではありませんが、育毛剤の中には医薬品に指定されているものもあります。
医薬品の育毛剤は市販薬ですので、医師の処方せんはなくてもドラッグストアなどで購入することができます。育毛剤を使った薄毛のケア方法は、即効性はありませんので、根気よく継続して行うことが必要になります。育毛剤との相性が良ければ、半年から1年程度で育毛や発毛の効果が期待できます。1年程度継続して育毛剤を使用しても効果が得られない時には、クリニックでAGA治療を受診することが望ましいです。クリニックで治療を受けると、AGA治療薬を処方してもらえます。

ページTOPへ戻る