牽引性脱毛症の原因

牽引性脱毛症は女性に多い脱毛症の一つで、髪の毛の引っ張られ過ぎが原因と言われています。 髪の毛の引っ張られ過ぎと言うのは、普通のヘアスタイルをしている分にはこのような事は有りませんが、パーマーを巻く時、ポニーテールなどのヘアスタイルにする時など、意外と髪の毛は引っ張られています。

髪の毛を引っ張られると痛みを持ちますが、この痛みこそが牽引性脱毛症の原因の一つであり、髪の毛の分け目などがはっきりと細長く見えると脱毛症の進行が始まっていると言われているのです。 尚、病院などでの薄毛の治療と言うのは保険適応が行われない事が多くあるため、費用については全額自己負担と言う形になります。

しかしながら、牽引性脱毛症と言うのは、髪の毛が引っ張られてしまう事で起きる脱毛症であり、これを改善する事で特別病院などで治療を受けなくても元の状態に戻るとも言われているのです。 これは他の脱毛症とは原因そのものが異なるので、日々の生活の中で髪の毛が引っ張られないようにすることが改善策と言われているのです。

ページTOPへ戻る