男性ホルモンが鍵

スマホ

頭髪にまつわるトラブル、悩みは数多くありますが、AGAもそのひとつです。これは、男性型脱毛症と訳される症状で、思春期以降の男性の頭頂部、または前頭部にかけて見られる薄毛や脱毛です。ただし女性でも同様の症状が見られることがあり、この場合は英語で女性を意味するFemaleのFを頭文字として、FAGAと表記されることもあります。どちらも主な原因としては男性ホルモンの存在が挙げられます。

男性の場合、これが特定酵素と結びつくことで、発毛や育毛を阻害する物質に変換されてしまうことが原因です。女性の場合は、発毛や育毛に対して役割を果たしている女性ホルモンが、ホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンよりも少なくなってしまうことが原因です。

ですから対策としては、男性の場合は男性ホルモンと特定酵素の結合を薬で抑えることが必要です。そして女性の場合は、女性ホルモンを優位にするため、それと似た構造をしているイソフラボンを摂取することなどが挙げられます。
またどちらの場合も、発毛のための成長ホルモンを分泌させるために、規則正しい生活を送ることが求められます。

ページTOPへ戻る