若年層の薄毛

現代社会では、若年層でも薄毛になるケースが増えています。 その原因の多くは、育毛に必要な栄養素が不足していたり、睡眠不足であったり、ストレスによるものであったりと様々です。 若年層の薄毛の治療としては、薄毛の原因を改善していくのが有効な方法です。

若年層を含めた薄毛治療を行っているクリニックでは、十分な睡眠を取らせたり、髪の毛に必要な栄養を確実に摂取させたり、ストレスを軽減させるように指導したりして、治療を進めていきます。 成長ホルモンの分泌は、副交感神経の働きによって行われます。 副交感神経が最も活発に機能する時間帯は、午後10時から午前2時です。 午後10時から午前2時という4時間は、最も髪の毛が生えやすい時間帯と言えます。

昼間に受ける髪へのダメージを解消し、髪の毛を成長させる為には、午後10時から午前2時までしっかりと睡眠を取るのが有効です。 その上で、育毛剤や発毛剤を使って、髪の毛や毛根に必要な栄養素を与えていく事が効果的です。 薄毛対策を行うには、継続的に行っていかなければいけません。

継続的に行える対策の一つとしては、生活リズムの改善が必須であり、十分な眠りを取る事が良いのです。 眠る時間帯がまちまちであったり、短かったりしますと、髪の毛や毛根のダメージはいつまでも解消されない事になります。 成長ホルモンを作り出す為には、副交換神経を活発にする事が必要ですので、生活リズムを解消していく事が大切です。

ページTOPへ戻る